古民家再生 カールベンクス カール・ベンクス プロフィール カール・ベンクス 建築実績 プロジェクト メディア カール・ベンクス ブログ 会社案内 リンク お問合せ
古民家再生 カールベンクスブログ

2011/11/18

竹所の、棚田のお米が出来ました




竹所の、棚田のお米が出来ました。





yuinomai.jpg




・雪解け水と天水湧水で作る、棚田のお米です。

・農薬、化学肥料 3割減らして作っています。

・生産者の顔が見えるお米です。





日向を選んで歩く朝、松代は1℃でした。
もうそこまで雪は近づいているようです。


松代には沢山の棚田があります。

竹所集落の田んぼの多くは棚田です。
斜面に沿って折り重なる景色は、四季ごとに個性的な顔を見せてくれます。
遠方からのカメラマンも多く、その表情に魅了されています。


そんな竹所の棚田では、村の方々が丹精こめて減農法にてコシヒカリをつくっています。

その名は、

――――――結(ゆい)の米―――――――

結(ゆい)

小さな集落などで、農作業・家の普請や屋根の葺き替えなどの作業を、
数軒の家族で協力して行う相互扶助の仕組み。
 竹所“結の米”は農家の自給用のお米を皆様におすそわけすることで、
“結”で繋がるきっかけにしたいというコンセプトで始まりました。
繋がる気持ちを大切にしたい。
そんな想いを込めて、竹所の自給用米販売の名称を“結の米”としました。


(竹所HPより)



私たちは日々多くのいのちを頂戴して、生きています。
米は、日本の文化です。
育てて、食べて、生きる。
そこからどれだけの事を学んできたでしょうか。
私たち自身もまた、多くのいのちに育てられているに違いありません。

先人たちから受け継いできたモノ、コト。
このかけがえのないたからものに感謝して、
これからも、自然と共に、多くのいのちと共に。


是非一度、竹所“結の米”を味わってみて下さい。


詳しくはこちら

※“結の米”は、竹所の棚田でつくっています。
  小さな集落なので、ご用意できる量には限りがございます。
Karl Bengs at 16:04 | 新潟 | Takedokoro(竹所だより)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。