古民家再生 カールベンクス カール・ベンクス プロフィール カール・ベンクス 建築実績 プロジェクト メディア カール・ベンクス ブログ 会社案内 リンク お問合せ
古民家再生 カールベンクスブログ

2011/08/27

お神輿が沢山!”しちんち祭”!

8/26,27と、松代では”しちんち祭”が開催されました。

連日多くのおみこしで商店街は賑わいました。


DSC_0217.jpg


こちらは”かっぱ”のおみこしです!


DSC_0248.jpg


子供たちがワッショイ!ワッショイ!!


DSC_0225.jpg


ウサギの夫婦のお神輿です。


DSC_0252.jpg


子供たちがみんなはっぴを着ています!かわいいですね!!


DSC_0236.jpg


カールベンクスハウスの前で、ちょっと休憩。



十日町は秋にもお祭りがあり、賑わった季節はまだまだ続きます!!!

松代カールベンクスハウスで美味しいドイツビールと共に十日町を味わいましょう!!!



*おまけ*

DSC_0244.jpg

とってもかわいい子犬を発見!!!

はっぴが似合ってます!!
Karl Bengs at 17:32 | 新潟 ☀ | Information(お知らせ)

2011/08/26

津軽味線奏者、小林史佳さんのリハーサル

《ドイツビールフェスタ 第二弾》まであと約二週間となりました!!

先日、特別出演の
【新潟出身の津軽味線奏者”小林史佳 こばやしふみよし”さん】が、
松代カールベンクスハウスでリハーサルを行いました。


三味線 005.jpg


本番と同様に三味線を弾き、音を確認します。

そして小林さんが音を出した瞬間、空気がガラリと変わりました。



木の空間に弦が響きます。

深く色濃い音、ふわりと弾けた音。



三味線 006.jpg

小林さんが奏でる音に一瞬で引き込まれてしまいました。


この音を、多くの人に聴いてもらいたいと思いました。

私が体感したように、きっと何かを感じるでしょう。


第二弾は9月10日(土)です。
前回大好評だったドイツビール・ドイツソーセージ・ドイツパンでドイツグルメ満載のビアガーデンになります。

まだ余裕が御座いますので、皆様ぜひ足をお運び下さい。




Karl Bengs at 16:20 | 新潟 ☁ | Information(お知らせ)

2011/08/24

期間限定!【十日町マクロビカフェ】

マクロビ 002.jpg

8/12,13,14,15の松代カールベンクスハウスでは、
十日町マクロビカフェ
がOPENしておりました!

新潟県十日町市観光大使 の中 美恵(なか みえ)先生を中心に、
”マクロビ(=マクロビオティック)”を味わう4日間だけの特別な癒し時間でした。


マクロビ 137.jpg


魚沼のお米や、野菜ジュースも販売されました。



マクロビ 051.jpg

マクロビ 049.jpg


玄米や野菜をふんだんに使用した特別ランチが大好評!!



マクロビ 082.jpg


中美恵先生とベンクスとのトークショーや、



マクロビ 074.jpg


ピアノ&サックスのコンサートが開催されました。



マクロビ 045.jpg



そもそも”マクロビ”とは・・・

「マクロ」=大きさ、偉大さ、「ビオス」=生命、「ティック」=術・論の3つの言葉を複合させた言葉で、古代ギリシャで"長生き""偉大な生活"という意味で使われた「マクロビオス」を語源としています。

日本の伝統食をお手本に、玄米を中心に季節の野菜等をバランスよく食べ、自然と調和した食事をとることで、健康で、よりよい人生を生きるための方法を教えてくれる学問です。

自然のリズムと人間のリズムはとても密接な関係にあります。
何をしたら、何を食べたら過ごしやすいのかを考えて実践していくのが”マクロビ”です。


マクロビ 147.jpg


里山の恵みを受けた山菜や、地元で採れた新鮮な野菜やお米。
これらを使うマクロビオティック料理は、「地産地消」と密接に結びつきます。


十日町市内でも、マクロビ料理を食べられるお店が何件かありますので
ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?
Karl Bengs at 13:51 | 新潟 ☔ | Information(お知らせ)

2011/08/09

【ドイツビールフェスタ第2弾開催します!!】

beer garden.jpg

お待たせしました!!!
第一弾に引き続き、まつだいカールベンクス・ハウス(旧松栄館)で
《ドイツビールフェスタ 第二弾》を開催します。
今年の日程は9月10日(土)です。
前回大好評だったドイツビール・ドイツソーセージ・ドイツパンでドイツグルメ満載のビアガーデンになります。

今回の出演は
9月10日(土):新潟出身の津軽味線奏者”小林史佳 こばやしふみよし”さん】


チケットは完全前売り制で、お一人様9,000円です。
締切は8月25日(木)となります。
尚、定員100名に達し次第お申込は終了させて頂きます
(申込期限前に終了する場合もあります)。ぜひ皆様ご参加下さい!

小林さん1.jpg


 唄の心を知っての演奏と、そうでない演奏は、まさに天と地の開きがあるように思う。唄の伴奏楽器であった津軽三味線を独奏楽器まで高めたのが、竹山師であった。師は誰よりも「唄の心」を知っていた。この「唄の心」を知らない演奏は、独奏したところで三味線は唄わないのである。
 三味線を唄わせ、そして、津軽三味線のルーツを表現する。それが、彼の使命であり、生きる糧である。

 彼の演奏はまっすぐでやさしく、そして力強い。彼の音は、彼のまっすぐで素直な性格そのものである。また、ぴんと伸びた姿勢から出される音は、やはりぴんとまっすぐな音である。
 誰よりもまっすぐで、誰よりも素直で混じり気がなく、そして誰よりも頑固にこだわる。
 

 だからこそ、彼から目を離せない。




【新潟出身の津軽味線奏者”小林史佳 こばやしふみよし”さんのHPはこちらから


■お申し込み方法
@FAX
上のリンクからパンフレットをダウンロードし、裏面の申込用紙に記入の上 025-594-7883 までFAXして下さい。
AE−メール
karlbengs@livedoor.com 宛てにお申し込み下さい。こちらから申し込み受付メールを返信します。返信がない場合には恐れ入りますが電話でお問い合わせ下さい。(返信には2〜3日かかる場合がございます。)
(メール記入例)
件名:チケット申し込み
本文:<お名前、ご住所、電話番号>9月10日ドイツビールフェスタの1日券を3枚購入します。

パンフレットをご覧頂けます。
Click and look the flier.
↓(PDFファイルです。)
パンフ裏小.jpg

[German Beer Festival]【1】
ドイツビールフェスタ第一弾、開催しました【1】


お見舞い

7月30日の新潟・福島豪雨により、被害にあわれた皆様には、
謹んでお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

十日町・松代、竹所の各所でも山道での土砂崩れの影響で一時通行止めとなっておりましたが、
現在は片側通行等の箇所がありますが、通常通り開通いたしました。


当日は”まつだいカールベンクスハウス”でドイツビアフェスタ第一弾を企画しておりました。
午前中の天候では「今日は開催出来るだろうか・・・」と不安でしたが、お昼過ぎに太陽が現れ、無事開催することが出来ました。
まだまだ足元の悪い中、多くのお客様がいらっしゃいました。
皆様のお陰で無事BEER FESTA第一弾を開催出来ましたこと、心より熱く御礼申し上げます。


18:00−皆様会場につくと、静岡県富士宮市のバイエルンマイスタービールのマイスターで
オーナーのシュテファンさんが自慢のビールでお出迎え!!

DSC_0072.jpg


DSC_0003.jpg

庭にはクリスティーナさん特製、竹所・ホッホベートで収穫したズッキーニを使ったラタトゥーユに特製サラダや夏野菜が並びます。


DSC_0111.jpg

外のバーベキュー・ハウスでは松代の峠の茶屋「蔵」さんが焼くドイツ・ソーセージ!
ビールと相性抜群です!!


DSC_0032.jpg

DSC_0059.jpg

庭に出れば、夜風の中でシャボン玉も一緒に会話も弾みます。


そしてお待ちかね、第一弾ゲストは・・・!!!

オールディズ・バンドの新潟KENTO’Sの皆さんです!!

DSC_0041.jpg

DSC_0086.jpg

DSC_0021.jpg

皆が知っているオールディーズナンバーに体が勝手に踊りだしてしまいます♪


DSC_0094.jpg

DSC_0131.jpg

ギターも大サービス!!!


DSC_0121.jpg

ベンクス&クリスティーナ夫妻もフロアで楽しんでいました。



ドイツビアフェスタ第二弾は9月10日開催です。
次回の特別ゲストは、新潟出身の津軽味線奏者【小林史佳 こばやしふみよしさんです。

1974年新潟市生まれ。ふるさと新潟に拠点を置き、津軽三味線演奏家として国内 外で演奏活動を行っている。
現在は故高橋竹山師の直弟子の高橋栄山師、故成田雲竹師の愛弟子初代須藤雲栄 師のもと、研鑽を積んでいる。
 
 しなやかな指先から発せられる音が、華麗な撥さばきと相まって途切れのない深 みのある旋律を創り出す。
その音色のバリエーションにより、一人でもあたかも 複数人で弾いているように感じる。これが弾き三味線の真髄である。この独自の 奏法によって生み出される小林の音色は「優しく」「柔らかく」「凄みがある」 と定評がある。近年はさらに深みを増し、世代を超えて多くの人々を魅了する。  



お申し込みはこちらから

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

DSC_0052.jpg
Karl Bengs at 14:47 | 新潟 ☁ | Information(お知らせ)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。